IMG_20120614_165546.jpg
なつこ(姉)とのりお(妹)が綴る日々。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
フランス旅行記 4日目
 1月23日

9時集合。この旅ではじつにゆったりしたスタートである。
バス出発。
出てすぐ、なんだか地元っぽい光景を見た。


こ、工場地帯・・・
まるで23号線から見える景色と似ていた。


で到着。
フォンテーヌブロー!






広ーい
すごーい
きれーい

NはナポレオンのN

ほんとうに広い!


またしても夏男は禁止













現地ガイドの吉田さん。(!)
残念なことにブレてるけど、完全にヨーロッパの人。
「今日の現地ガイドさんは吉田さんです〜」と紹介があってこの人が現れた時はぶっちゃけ吹いた。
しかし、日本語ペラペラ。
語学堪能な人っていうのはほんと尊敬します。
旦那が日本人だそうで、伊達正宗キティちゃんをかばんにつけていらっしゃいました。





あるものはすべて美しいものだらけ。
豪華絢爛でありました。

ランチは宮殿からすこし歩いて移動。


道中に移動メリーゴーランド。

この日は日曜だったので親子連れちらほら。


吉田さんは何度も若手衆に「乗ってもいいのよ」と勧めていた。



ランチはサラダとチキンとほうれん草。
サラダ、一瞬モッツァレラに見えるものは、ゆで卵とマヨネーズ。
けっこう胃が疲れてきていたので堪えた。
チキンとほうれん草はホワイトソースがおいしかった。

若手衆皆口をそろえて「無理だ」と残していたが、
泥さんだけは違った。
「え、余裕やけど」とペロリと完食する泥さん。まじかっこいいっす。





バスへ戻り、次目指すはベルサイユ宮殿!


道中、車窓からの田舎風景



到着!




ヴェルサイユ宮殿、人多い!
さすが観光名所。
いろんな国の人が集まっていて、入り口近くには物売りたちが集まっていて、猛アピール。
ちょっとインドを思い出した。
宮殿の裏へ回り、でっかい庭園をぶらぶらと見る。


ずっとむこうまで敷地。
行けるわけないっす。

泥さんはすごい嬉しそう。
泥さん、今回モンサンミッシェルとヴェルサイユ宮殿めちゃくちゃ楽しみにしてたもんね!









有名な「鏡の間」



窓の外では花嫁が記念撮影中






まったく同じ格好してる人たちを発見

とにかく規模がでかくて、ゴージャスで、
ちゃんとこのあたりの歴史を学んで挑めばよかった、と後悔。
いつもそう。
高校生活を悔やむのである。
不真面目って損〜〜

ミュージアムショップではいろいろお買い上げ。
ヴェルサイユ宮殿にラデュレがあってびっくり。
いくら人気だからってこんなところに・・・!
と思ったけど、
日本人がたくさんいました。
人気なんだなあ。
名古屋高島屋にあるなあ、と思って行かず。

さてヴェルサイユ宮殿をあとに、バスはパリへ戻る。


夕方からはバス車窓からの市内観光。

セーヌ河

自由の女神(一瞬日本にきてたやつ)






エッフェル塔→凱旋門→シャンゼリゼ大通り→
コンコルド広場→オペラ通り→セーヌ河沿いを走ってホテル近くへ

途中オペラ通りにてクリームのフレンチブルドッグを発見!!
フランスにて一匹目である。
やっぱりいるんだ!フランスにフレンチブルドッグ!!


ホテル到着後、支度して街へ。
まずはアップルストアを目指す。

まさか充電器が使えないとは。
この旅最大の予定外で、どうしても入手したくて、
泥さんには申し訳なかったけど、アップルストアに行くことに。
残り少ない電池を惜しみつつ、アップルストアをipodで調べると、
ルーブル界隈にある、という地図情報をゲット!!!!
地図的に、ルーブルの並びにある様子。目指すはルーブル!!!

日曜日は閉まっている店が多い中、このルーブル店は幸いにも年中無休!

地下鉄切符購入に少してこずりつつ、ベルシーからピラミッドにて下車。
パリ地下鉄は一律料金で1,7€

とりあえずwebでみた位置情報を頼りに、アップルストアを探す。
時間は19:20、閉店時間は20:00
焦りつつ、ルーブルの北側の通りをひたすら東へ歩く。
このあたりにあるはず・・・・・!

・・・・・・・・・・・

・・・・・・・ない!

ルーブルの端までいっても、ない。
対岸にも、ない。
焦る。
ここまで来たら絶対にたどり着きたい・・・・!!!!

でも、ない・・・


途方に暮れかけたとき、
道に、交通違反の切符をきっているおまわりさんを見つける。

・・・・・・・困ったときのおまわりさん・・・・・・・・

のりお:「あのー、すいません、
このあたりにアップルストアがあるはずなんですけど、
これ、ipodの!アップル!
どこにあるか知ってます?ルーブルの中なの??」
(カタコト英語)

年取ったほうのおまわりさんの反応は・・・「??」
若い方のおまわりさんが反応!

おまわり:「Oh! Apple store!!
ここを西にすこし行って、左に入るんだよ!」

のりお:「え、ルーブルの中?」

おまわり:「そう中!いけばわかるよ!」

のりお:「ありがとう!メルシーボークー!!」


やはり頼るべきはおまわりさん!!各国共通!!!
と足早にルーブル敷地内へ。
広場に出る。
しかし、ない。
そこそこ有名そうなショップはちらほら見えるも、ない。
リンゴのマークがない!!

再び途方に暮れかけて、左手にピラミッドが見えて、
その中に係員のおじさんを発見。

もう、これは聞くしかない!


のりお:「I want go to Apple store!!
Where is Apple store?????」

おじさん:「ああ、アップルストアはこのエスカレーターを降りて左だよ。
左にずーっと行くとあるよ。turn left!!!!」

のりお:「!!!!!ルーブルの地下!!!!!!
おっちゃん!!メルシー!サンキューソーマッチ!!!!!!」

降りて、進むと、あった!アップルストア!!!


このリンゴのマークを求めて、
おまわりさんに、おじさんに力を貸してもらい、たどりつくことに成功。
ありがとう、みんな。
おつきあいしてくれた泥さんも、ほんとうにありがとう。

そして念願の充電器購入。
これでCプラグの充電器をゲット。
ダイレクトで繋げられるなんて便利!
これからも絶対どっかヨーロッパ行かんと。と決心する。

ルーブル地下のショッピング街はけっこう充実していた。
閉店間際のロクシタンでお土産調達。
押され気味の接客でけっこう散財。

そしてルーブルをあとにし、泥さんとわたしはシャンゼリゼを目指してひたすら歩いた。

30分少々でシャンゼリゼまで。

コンコルド広場の観覧車。
動いてるスピードが速い・・・



向こうにちっちゃく凱旋門が見える。

目的は「ラルザス」というお店


そう!カキを食べに!!
バス観光のとき、吉田さんがおすすめ、といっていたのだ。
実際に、激ウマであった。



これはアルザス地方の名物料理「シュークルート」

ほんと生カキが絶品で大満足。

タクシーにてホテルに戻り、
ipodを充電させ、
眠った。

この日はほんとうに長かった。
泥さんに感謝した日でもあった。




- comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








この日の昼ご飯はチキンじゃなくて、白身魚だよー。
まぁチキンでも完食してたと思うけど(笑)。


アッフルストア大捜索は、栗アートに並ぶテンションの上がりようだったし!見つけたときのあの感動ったら!!
from. あやこ | 2011/02/06 21:10 |
白身魚か!
とにかく苦しかったから記憶が超曖昧(笑)

まさか旅行でアップルストア探すことになるなんて思わんかったもんなあ。ほんでルーブルの地下とはなあ。あの興奮忘れまい。
from. のりお | 2011/02/07 21:11 |
おフランスだからといってLa Pommeストアとは言わないのですね…勉強になります。
from. 襾 | 2011/02/08 17:49 |
西さん、
おフランス言葉でりんご、を意味するのがLa Pommeなのですね。
日本でも、りんごストアって言いませんものね。オホホホ
from. のりお | 2011/02/09 01:27 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>